プロポリスの3つの抽出方法

3つの抽出方法にも個性が

プロポリスには、3つの抽出方法があります。

 

アルコール抽出

この方法が一番成分を抽出できるからおのずと多く利用されている方法です。
フラボノイド類、有機エステル類など水では抽出できないものがアルコールでは抽出できます。また、殺菌力もありますし、賞味期限が長くなるというメリットもあります。

 

水抽出

水そのものが、雑菌などの不純物が含まれているため、活性水や50度以下の水、減菌フィルターを使ったりと試行錯誤されています。

 

超臨界抽出法

二酸化炭素を使う一番新しい方法です。二酸化炭素を圧縮して高圧にすると、超臨界状態に変わります。プロポリスの塊を溶かした液体状の二酸化炭素は圧力を下げるとガスになって揮発し、プロポリスの成分だけを残す方法です。

ヤニのべたつきが有効成分が豊富な証

プロポリスの抽出方法には、アルコール抽出、水抽出、超臨界抽出法がありますが、一番多く用いられる方法はアルコールを使った抽出法です。

 

成分を一番多く抽出できる方法ではありますが、その反面プロポリス特有の匂いや、刺激、ヤニが多く含まれます。
ヤニは、とにかくべたつくので嫌われやすいのですが、このヤニこそ有効成分が多く配合されているので、ヤニが少ないと有効成分が少ないということでもあります。水抽出法は、樹脂やヤニが上手く抽出できない方法なので、有効成分があまり含まれないので、この弱点をカバーする研究も行われています。

 

抽出法だけで見て行くと、アルコール抽出法が良さそうな気がしますが、実際商品を選ぶときに大切なことは、抽出法はもちろんではありますが、プロポリスという商品に含まれる成分と照らし合わせることが大切だと言えます。