ソフトカプセルと液体どちらがいい?

ソフトカプセルと液体の違いとは?

プロポリスには、ソフトカプセルタイプと液体タイプがあります。ソフトカプセルタイプも液体タイプもそれぞれのメリット、デメリットがありますが、プロポリスという成分を摂取するということには変わりありません。

プロポリスの含有量

ソフトカプセルタイプの方が、1カプセル内に凝縮されたかのような高配合となっている。

プロポリスの飲みやすさ

ソフトカプセルの方が味を感じることなく飲みやすいということは言えるが、飲み込むのが苦手という人には液体タイプの方が利用しやすい。

プロポリスの値段

1か月あたりで比べると明らかにソフトカプセルタイプの方が数百円ではあるが、お得に購入ができる。購入するメーカーによっては、定期購入制度もある。

プロポリスの使い方

ソフトカプセルタイプは、成分を飲むことで摂取するという方法しかないが、液体タイプは量を変えたり、うがいに使ったりすることもできる。

 

総合して、ソフトカプセルの方が飲みやすさや価格の点からも優れていることが分かります。

ソフトカプセルがお勧めなワケ

プロポリスには、ソフトカプセルタイプの方がメリットが多いように感じます。

 

それは、プロポリス特有の樹脂やヤニのべたつきを気にせずに摂取できるからです。
この樹脂やヤニはべたつくので気になりますが、そこに有効成分が豊富に含まれているのです。

 

液体の場合は、このべたつきが瓶の外側まで付いてしまうこともあり、気になるという意見も多くあります。その点、ソフトカプセルタイプはそのようなことを全く気にすることもなく、有効成分をしっかりと摂取できるので、手軽と言えるでしょう。

 

また、プロポリスの含有量についてもソフトカプセルの方に軍配が上がります。
ソフトカプセルですと、旅先や出張などにも持ち運びがしやすいことも人気の理由です。
うがいに使いたい、ソフトカプセルを飲み込むことができないという場合はおのずと液体タイプしか選べませんが、そうでない場合はソフトカプセルタイプの方がお勧めです。