プロポリスは匂いで良し悪しがわかる?

プロポリスってどんな匂い?

プロポリスは、海外のものが原料となっていますし、その見た目だけでは製品の良し悪しを判断することは難しいと言えます。

 

例えば、ソフトカプセルにしてもカプセルを見ただけでその製品の良し悪しは分かりません。
唯一プロポリスの良し悪しが分かるのは、匂いだと言われています。
一般的に、プロポリスの匂いは好みが分かれると言われており、多くの人がやや苦手もしくは、苦手と答えています。
このように、匂いが苦手だからこそ、ソフトカプセルタイプが人気があると言えるのでしょう。

 

まだプロポリスの匂いを嗅いだことがないという人もいるでしょう。
匂いを言葉で説明するのは難しいのですが、簡単に言えば刺激臭というイメージを持つといいでしょう。
刺激臭がありますが、甘み、苦みも感じることができるというのが一般的なプロポリスの匂いのイメージです。

匂いを気にしないでよい摂取方法とは?

プロポリスを見極めるのに、見た目では分からないとなると匂いということが言えますが、その匂いはどのような匂いなのでしょうか。
プロポリスの匂いというのは、刺激臭があると言いますが、続けて飲んでいると気にならなくなる人が多いです。
良いプロポリスにはその中に甘み、苦みがあるので飲みやすいとは言いませんが、実際に液体になって売られていますし、意外と飲めるものです。苦みの中に、樹木や樹液のような、甘みのあるほんのりとした香りがあるというのが、良いプロポリスなのです。

 

しかし、悪いプロポリスは、刺激臭だけでとても飲むことができません。良薬口に苦しと言われますが、その程度のものではないということが言えるのです。
このことは、液体タイプには顕著に現れるのでやはり、このような点を解消するにはソフトカプセルタイプが良いということが言えます。
プロポリスは長く続けることが大切なので、飲みにくさの原因である匂いについては気にしなくて良い方がいいですね。
最近では。少しでも飲みやすくするために、匂いを抑えたソフトカプセルタイプも出てきています。