癌への効果とは?

癌は予防が大切

予防医学、よく聞くことばですが、予防医学というのはまさに癌などの死の可能性のある疾患に対して重要な意味を持つものです。
今や、癌にかかる人は2人に1人、そして3人に1人は癌によって亡くなります。
私たち日本人にとても身近で恐ろしい病気ということは言うまでもありません。
その癌予防効果があるということで注目されているのが、プロポリスです。プロポリスは天然の成分であり、医薬品ではありませんので、副作用と呼ばれるものがないので安心して摂取することができます。天然の抗生物質と呼ばれるのも納得です。

 

主成分であるフラボノイドは、ポリフェノールの一種であり、抗菌作用や殺菌作用を持ちますが、これはミツバチだけでなく、人間にも有効な成分です。

癌治療にプロポリスは有効です

癌治療には、副作用や肉体的精神的苦痛がつきものです。

 

特に、抗がん剤の副作用は大変辛いと言われています。このような副作用を経験したからと言って、癌が完治するかどうかは別の問題です。放射線治療も癌細胞だけを消滅させるのであればいいのですが、実際は正常に機能している細胞まで影響を与えます。
しかし、プロポリスは悪い細胞だけに効果を発揮するので副作用が無く、癌治療に効果を発揮するのです。
プロポリスだけで癌治療をするという人もいれば、病院での癌治療と並行してプロポリスを使うという方法を取る人がいます。プロポリスそのものが、人工的なものではなく、天然のものなので癌治療と並行させても問題は無いと言われています。

 

気になる効果ですが、癌を小さくしたり、腫瘍マーカーの数値を下げるといった効果が出ています。