不妊への効果とは?

不妊の原因となる子宮内膜症に効果あり

最近は、不妊症というものが2年間子どもができないという規定から1年以内というように変わって来ています。

 

このことにより、不妊症と呼ばれる人はこれまで以上に増加すると言われています。
不妊症にも原因がかなり幅広くありますが、その中で特に子宮内膜症があることで不妊となっている場合には効果を発揮することが分かっています。子宮内膜症は本人が気が付いていないだけで、発症していることも多く、生理痛がかなり酷かったり生理のときの出血量に違和感を感じたときは、診察が必要です。
子宮内膜症は不妊症の人の20%〜30%に見られる症状なので、不妊の原因のひとつとして考えられています。妊娠を希望していない場合でも、子宮内膜症というものは症状がかなり辛いものです。

 

このように、妊娠を希望していない子宮内膜症の人でも症状を抑える効果があることが分かっています。全女性の10人に1人は子宮内膜症ということが言われていますから、とても身近な病気です。プロポリスには子宮内膜症にも効果があります。

妊娠しやすいからだ作りをサポート

不妊の原因には、冷え性という体質を改善することが効果があるとよく言われますが、プロポリスには冷え性を改善する効果があります。

 

不妊と冷え性の関係ですが、冷え性が酷い女性は排卵がしっかり行われていないということが多いということが関係しています。排卵が起きないとまず妊娠することはありませんから、冷え性は改善すべき問題です。
また、プロポリスは子宮の環境を良くする効果があります。子宮という臓器は、ストレスにも影響されやすく、活性酸素が溜まるととたんに機能を低下させてしまうことが言われています。それだけデリケートな臓器なのです。生活環境やストレスで生理が不順になるということはよく聞きます。プロポリスには、活性酸素を除去する抗酸化作用があることが分かっています。

 

プロポリスは、女性が妊娠しやすいように、サポートすることができる天然の成分です。