花粉症への効果とは?

ヒトに対する臨床研究も行われています

今や、日本人の3〜4人は花粉症もしくはその予備軍と呼ばれており、まさに国民病となっています。
年々患者数が増えていることの原因のひとつに、花粉症の低年齢化があるようです。特に子どもの花粉症患者は多いと言われています。これらの花粉症の子ども達は、アレルギー体質が顕著であり、花粉症以外のアレルギーやアトピー性皮膚炎なども重複していることが多いと言われています。そのようなアレルギー体質の人に多い花粉症に、プロポリスが効果があるということで近年注目を集めています。このプロポリスが花粉症に効果があるということは、大学の医学部も注目しており、民間企業も実際のヒトに効果がある臨床研究を行いその結果を公表しています。プロポリスは花粉症の症状軽減効果だけでなく、症状が出るまでの日数を遅らせる効果があるということが分かっています。

プロポリスひとつで得られる効果は幅広い

花粉症にプロポリスがお勧めだという理由に、プロポリスは医薬品で無いので副作用が無いという点が一番に挙げられます。花粉症をはじめとするアレルギー症状を抑える薬の大部分は、眠気やだるさなどの副作用があるものが多く、また飲む回数が多くなるとあまり効果を感じられなくなるという人もいます。
このことは、何も花粉症をはじめとするアレルギー疾患だけではなく、その他の薬にも言えることです。薬の耐性ができてしまうと言いますが、やはりこのように長く付き合わなければならない病気の場合は、からだに影響の少ない方法で治すことが必要となります。プロポリスは、花粉症をはじめとするアレルギーを抑える効果だけではなく、その他の効果も得ることができることが魅力です。アレルギーを抑えながらも、風邪等の感染症予防、がん予防、美容効果などさまざまな効果をひとつで得ることができるようになっています。