歯周病への効果とは?

成人の約80%が歯周病

歯周病とは、口腔内の細菌によって歯肉、歯根膜、歯槽骨などの歯周組織が破壊されてしまい、口臭が酷くなり、最終的には歯が抜け落ちてしまうという病気のことを言います。

 

歯と歯茎の中にたまる歯垢の中の細菌が原因とされています。
プロポリスそのものが、天然の成分であり、樹木から採取した樹液とミツバチみずからの唾液とを噛み砕きながら作るもので、巣箱の補強や抗菌作用、殺菌作用を発揮して、外敵から身を守るためにあります。
この作用は人間の口腔内でもしっかりと作用し、歯周病に効果を発揮します。キシリトールが口腔内の病気に効果があるとよく言われますが、実際の効果はプロポリスの方が格段に上です。

 

歯周病だけでなく、虫歯や口内炎などにも効果を発揮します。

プロポリス配合の歯磨き粉が効果あり

プロポリスが、歯周病をはじめ口腔内の病気に効果がありますが、どのようにしてプロポリスを摂取するのがいいのでしょうか。

 

プロポリスは錠剤やカプセルというイメージが強くあると思いますが、口腔内の病気に効果を発揮するには、歯磨き粉で使用するのが効果的だといわれています。この歯磨き粉と言うのは、プロポリスを配合した歯磨き粉です。プロポリスを配合した歯磨き粉というと、気になるのが歯磨き粉そのもののがキツイのでは?ということが気になりますが、使用しやすいように作られていますので安心です。

 

プロポリスのカプセルなども抗菌作用などの効果を得ることはできるのですが、プロポリスを配合した歯磨き粉を使うことで、その効果をダイレクトに得ることができます。抗菌作用の効果で口臭予防効果にも優れています。